読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現状に不満な時は。

DSC_0573.jpg

管理人自身もよく陥るのですが人生について「もっとこうなればいいのに」、「いまのままじゃ足りない」という思考回路。

このもっともっとを欲しすぎると幸福感が減ってしまうそうです。

良くも悪くも、この「もっともっと」が人生の拡大繁栄につながっていくものだとは思いますが。

確かにこういう思考の時、自分自身、焦点を当てている部分(注目している部分)が「足りない」「現状への不満」になってますから

幸せか幸せじゃないかと言われたら、、、あまり幸せではないかもしれませんね(^_^;)

こういう時、精神面ではどうしたらよいのでしょう。

幸せの闘値(いきち)という言葉があるようですが、これを定期的にチェックすると良いみたいですね。

闘値とは、国語辞書から抜粋させていただくと、、

 

1ある反応を起こさせる、最低の刺激量。しきいち。

2 生体の感覚に興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値。

とあります。

幸せの闘値とは、その人自身が幸せを感じられる最低限の値といったらよいでしょうか。

現状に不満を感じたらもしかしたら、この幸せの闘値が上がりすぎていないか、

立ち止まってチェックしてみると良いかもしれません。

既に叶っている事であったり手に入ったものについて味わってみましょう。

 

「それでも、こうして仕事があるだけありがたいなー」

「それでも、気に掛けてくれる人がいてありがたいなー」

「それでも、なんだかんだ食べる物に困らずにいられてありがたいなー」

のような感じに一度戻ってみる。

この日本に今こうして生きているだけでも実はとても幸せな事かもしれませんね(^^)

管理人もふと、「いかんいかん」と立ち止まるようしていますが。こういう事に気が付きます。

常に現状に満足した生き方をすると

人生がジワジワと良い方向に勝手に向かうみたいですよ(*^_^*)

とはいっても、繁栄拡大していくためにはこの「もっともっと」も必要な要素で

あることは間違いないと思いますので、こちらも大切にしつつ。

幸せの闘値、定期的にチェックしてみるとよいかもしれないですね。